園長ブログ

水分補給には麦茶

2021/08/05

保育園の給食後、お茶を飲むようにしています。

緑茶には、殺菌作用があり、虫歯予防に効果があるからです。

ただ夏には麦茶を飲むようにしています。

緑茶はミネラルが豊富な飲み物の一つではありますが、麦茶の原料となる大麦、

ハト麦にもナトリウムやカリウムといったミネラルが含まれています。

カリウムには、利尿作用があり、尿と一緒に熱を体の外へ放出し、体温を下げます。

またミネラルは、身体の働きを正常に保つ上で必須な栄養素です。ミネラルが不足すると、

体内のバランスが崩れ、体のだるさや熱中症などに繋がります。夏は、汗が多くなる季節です。

それに伴い、体内のミネラルも不足しがちになります。そうなると気をつけなくてはいけないのが

脱水症状です。こどもたちはたくさん汗をかきます。喉が渇くと水分を欲します。

その時にこども達に何を飲ませるのかが重要です。日頃から麦茶を飲み慣れていると嫌がることなく、

水分補給が充分にできます。この夏、脱水症状に効果的な麦茶大好きになるといいですね。

ヒトパラインフルエンザ

2021/07/01

今年度は、4~6月にかけて3歳未満児クラスで発熱など体調がすぐれない

こども達が多く見られました。RSウィルスやヘルパンギーナなどでもなく、

発熱が続く症状で他の保育園でも発熱でお休みをしている子が多くいるとの

ことでした。この時期こんなに発熱する子が集中することはなかったので

原因はなんだろうと思っていました。園児健診の日に園医に子どもたちの様子を

相談すると「ヒトパラインフルエンザ」とのことでした。

これからは熱中症にも気を付けていかなくてはいけません。

しっかり寝て、しっかり食べて体調を整えていきましょう。

新しいこいのぼり

2021/05/01

平成3・22年度卒園児の卒園制作「こいのぼり」が古くなり飾れなくなったため、ぞう組に「こいのぼり、作れないかな」と相談をしていました。胴体はビー玉や石を使って絞り染めにし、目玉はアクリル絵の具で描いて仕上げました。中国では「たきを登ることができた鯉は龍になる」という伝説があり、こどもたちが大きくなることを願って鯉のぼりをたてるようになりました。保育園の子どもたちも大きく元気に育ってくれることを願います。

新園舎の工事も順調に進んでいます。園庭から工事の様子をみることができるようにしてもらい、こども達も時々見ています。1階は0・1歳児保育室、給食室・ホール・事務室 2階は2~5歳児保育室・職員休憩室です。

10月末完成、11月引越しの予定です。引っ越し完了後、現在の園舎を解体し、園庭整備、道路拡張作業となります。しばらくは園舎工事と共に保育をすすめていくことになります。ご協力を宜しくお願い致します


ページ上部へ