2018年 1月

ことばあそびの大切さ

2018/01/17

先月の生活発表会では、言語面、音楽面、認識面をどのように保育に取入れているのか遊びを通して見ていただきました。まつぼっくり保育園では、文字学習の基礎として幼児期では、筋道をたてて考え、表現する力をつけていくことが大事だと考えています。生活発表会当日、5歳児は一人ずつ自分が作ったお話しを発表しました。これまで、歌をうたい、絵本の読み聞かせを小さい頃から聞き、イメージすることも大事にしてきました。

自分でおはなしを作ることは、実は小さい頃から子ども達は体験しているのです。おかあさんごっこや絵本を題材にしたごっこ遊びなどは、子ども達がイメージした世界で友だちや大人とその世界を共有しながら遊び、ことばでのやりとりをしています。その様子を語ればお話しになります。ただ、小さい子ども達は、言葉での表現が発達途中のためお話し作りという形にはなりませんが、土台となる遊びは体験をしています。イメージする力、語彙も増える時期にいろいろなことば遊びを遊ぶことが大事です。

イメージ遊び:形、感触、色、におい、ことばなどからイメージするあそび

分類遊び:性質など種類別に分けたり、同類のもの集めるあそび

わらべうた、かぞえうた、早口ことば、だじゃれ、なぞなぞ、しりとり、逆さことば、同音異義語、お話し作り、お話しつなぎ、積み重ね話など偏りなく、たくさんの遊びを体験し、ことばの面白さを保育園時期には触れさせたいものです。

ことばあそびのいいところは、道具がなくても遊べることです。車の中、お風呂の中など子どもとのやりとりは楽しいものです。年末年始は、子どもと過ごす時間が長くなります。ことば遊びを遊んではいかがでしょうか。

 

 早口ことば:クツいつ つくる クツいつつ つくる

       シカもカモシカも シカだが しかしアシカは確か シカではない

 なぞなぞ:夏の間はぶらさがり 冬がくると とんでいくもの

2018年餅つき会中止のお知らせ

2018/01/17

餅つき会の準備を行ってきましたが、年明けからインフルエンザの感染が流行し、

現在25%の子ども達が欠席しています。

そのため、1月20日土曜日に予定をしていました

餅つき会を中止とすることにしました。

楽しみにしていた方もおられたと思いますが、ご了承ください。

1月のクラス紹介

2018/01/17

0歳児

お友達の名前、犬や車など身近な物の名前が言えるようになり、

お話が楽しくなってきました。歩行が出来るお友達が増えてきたので、

広い場所でたくさん動いて、まてまて遊びや、斜面ののぼりおりもしていきたいです。

1歳児

手つなぎ遊びで友達と繋がって遊ぶことが楽しくて、「一緒しよう」と友達を誘う姿が

見られるようになってきました。今月も友達とつながる遊びを沢山したいな。

凧を作って外でもいっぱい身体を動かして遊ぼうね。

生活面もうさぎ組に向けて自分でできることを増やしていきたいなと思います。

2歳児

随分自分のことが自分でできるようになってきたのでエプロンをつけずに

汚さないように食べたり口拭きタオルをやめて食後のうがいを始めたいなと

思っています。寒いけど外でたくさん身体を動かしてあそび寒さに強い身体を作ろうね。

3歳児

寒さが厳しくなりますが、凧揚げなど戸外で体をたくさん動かしながら遊びたいと

思っています。先日降った雪に大喜びしていた子ども達、自然の変化も楽しみたいです。

4歳児

転がしドッチが好きな子どもたち。当たっても2回戦で残ることに気持ちを

切り替えられる子も増えてきました。何度も遊んでいる中でボールの避け方も

上手くなってきました。

5歳児

生活発表会では自分で考えたお話を発表しました。その後にはお話を絵に描いて一人一冊、

世界にひとつの絵本を作りました。とても大切にしています。少し難しいリズム運動や

独楽遊びにも取り組み始めていて、ぞう組時間をとても楽しみにしています。

コツを掴んだ子は友達に教えてあげています。


ページ上部へ